お知らせ・ブログ 一覧

年長組のおだんご作り

今年は9月24日が中秋の名月十五夜のお月見ですが、振替休日なので21日(金)に園のお月見をしました。
 年長組のこども達はバンダナなどで髪を覆い、清潔なスモックを着てマスクをしました。その様子を目にした小さいこども達は「おだんご」「おだんご」とお団子作りのことを知っていて期待感で一杯のようでした。
年長組のこども達は昨年度お兄さんお姉さんにしてもらったことを覚えていて今度はやってあげる番と張り切っていました。今回はクラス毎ではなく、活動のグループで2組に別れて順番にエフ・ハウスにいきました。
各自が家から持参したボールにはお手伝いのお母様方がお団子の粉を量って入れておいてくださいました。
手を洗ってから自分のボールを見つけ、先生から説明をお聞きして、いよいよお団子作り。
自分でスプーン○杯と水をはかり各自が粉からこねていきました。粉だったものがだんだんまとまって、もろもろぼろぼろの感触から滑らかな粘土のようになるその感覚を味わっているようでした。耳たぶくらいの柔らかさになったら、今度は同じ大きさのお団子を丸めていきます。
できたお団子はお母様方が大鍋で茹でて、みたらし味とごま塩味を付けてから保育室まで持ってきてくださいました。
年長さんは2種類のお団子を2個ずつカップに分けてみんなで年中さんと年少さんのお部屋まで届けにいきました。それぞれのクラスごとにうれしいお礼をいただいて誇らしい笑顔がいっぱいの年長さんでした。
 以前は和菓子店から購入していたお団子でしたが、粉から作るお団子のおいしさをこども達に知ってほしくて役員のお母様方にお願いして昨年から始めたお団子作り、作る行程の楽しさ(ひとくちでは言えない様々な要素を含んでいます)、達成感など、おいしさもさることながらそれ以上の成果が満載の活動となっています。
 園ではお月見用に園芸品種と野生種と2種類のすすきがありますが、今年は時期が合わなくて飾れないと心配していたところ、年長さんがすすきの花束を持ってきてくださったので、できたてのお団子と銀色に輝くすすきのお供え物ができあがりました。

 

 

 

 

 

 

2018年09月27日

9月お誕生日会

26日(水)9月生まれの子のお誕生日会をしました。
いつものようにお誕生月のこどもたち14人が壇上にすわり、ひとりづつ台に上がってその子らしく組とお名前と何歳になったかを伝えてくれました。

○今回はトモトモさんによる「がらくた音楽隊」の演奏を楽しみました。
 文字通りありとあらゆるガラクタ(塩ビ管・トロ箱・オイル缶・竹・板・ガラス板・ダクト管・鍋・スーツケース・茶碗・お鈴・・・)を楽器にしたパフォーマンスで今回3度目の来園です。
 トレードマークの伸ばしたもみあげをぜんまいのようにクルクル巻いた印象的なルックス。スーツ姿の両足にブリキ缶を履いて、頭にもブリキ缶の被り物をしての登場に、年長中さんは昨年も見ているので期待感満々。登場そうそうのおならのような音で一瞬にして心をつかみとられたこども達、その後は笑いと驚きの大興奮でした。打楽器?(もともとはドラマー)が主で、使っている物を説明したりみんなで歌ったりのその間にも笑いが炸裂します。年中さんのなかにはいつの間にか一番前まできてかぶりつきで見ている子がいたりこども達はもう夢中。
 後半は全員参加。新聞紙の紙切れを叩いたり、裂いたり、くしゃくしゃにしたり(トモトモが唱えるおかしな文句「ホニャホニャぺー」「パパランプー」「ゴシャララグー」などを復唱しながら)して様々な音を出したり、全員分用意してくださったペットボトルのマラカスを持って歌ったり演奏をしました。タイミングがつかみにくかったこども達が終わり直前になって出したアンコールにもこたえて最後は歌に合わせて行進しながらのマラカス演奏で最後にみごとに元の席に全員座らせてくださってのエンディングとなりました。

○今月のおやつは「揚げ一番」と「マロンパイ」でした。

 

2018年09月27日

絵本の紹介です

○ 大友剛さんの(訳)絵本「ねこのピート」第5弾「ねこのピート クリスマスをとどけよう」が出版されます。今回のテーマは~挑戦すること~、そして~みんなに幸せをとどけること~です。


○ ワールドライブラリーの絵本 書店で販売されていない絵本です。施設へのレンタル設置が主なのでなじみがうすいと思いますが、世界の新作良絵本が翻訳されてラインナップされています。購買している人が少ないのでプレゼントに最適です。

どちらも清心幼稚園で注文できますが、ワールドライブラリーはwww.worldlibrary.co.jpを検索してご希望の絵本を選んでから注文してください。

2018年10月17日

初物を食べました

先日の栗に続いて秋の味覚ぎんなんを食べました。
昨年の20分の1の収穫、裏年の今年ですが「ぎんなんたべたーい」「はやくたべたーい」の声に応えて初物を味わいました。
拾い集めたぎんなんを園長先生が洗って干す様子を見ていた園児達、たくさんのぎんなんをひとつひとつ割って炒って持って来ていただくと大歓声!初めての年少さんは「どんぐり?」「たね?」全員が2~3粒ずついただくことができました。
栗も前回の合鴨の卵も食べられなかった年少さんは、今回は合鴨のゆで卵も食べることができました。
ぎんなんは後数回しか食べられないと思いますが、大切なめぐみを味わいたいものです。

2018年10月17日

清心のみのり〝みんなであそぼう〟が終って

 10月20日(土)大泉さくら運動公園芝生広場にて、秋晴れの青空の下、広々とした芝生の公園でとても楽しい一日を過ごすことができました。

○ 年長組のダイナミックな活動のなかから、〝小さいお友達にもできることがあるかな?〟という一緒にやりたい気持ちで、年長さんからの〝こんなあそびはどうですか?〟の働きかけに年中少さんから〝これがやりたい〟のやりとりが交わされて、少しずつあそびのメニューが決まっていきました。

○ 野外保育で長い本物のロープをみんなで引っ張り合っていて副園長に「それはとてもあぶない、小さい子はけがをする」といわれてロープの代わりにあっという間に出現したのが裂いた布を結び合わせて作った物。それはいろいろな楽しみ方ができる優れもの、それがあればいつまででもあそんでいられるミラクルアイテムでした。

 

○ 流しそうめんを連想する竹を半分に割ったものは、そうめん流しのように水を流してみたり(うまく流れるように繋げるのが工夫のしどころ)、草地広場の坂を利用してどんぐりを転がしてみたり、繋げた竹をコースにみたてた〝迷路〟〝どんじゃんけん〟はその上を歩きます。発想をふくらませて様々に利用しています。

 

○ ダンボールは電車や建物や武器になったり、キャンバスやソリにもなります。当日は準備したものが足りなくて、物が入っている箱をつぶしておばけの迷路になったりしていました。

 

○ 皆様からいただくあまり布や端切れを使ってカーテンのようにしたり、テントのようにしたり、体に巻きつけて変身グッズ。保育室を飾りつけたり、細く裂いて織物を織る子もいます。


○ 作れるコーナーで本当に長い時間熱心に製作していたお友達は、他のこともできたのかな?凧やパラシュートを作ってあそぶおともだちもいました。


○ 年長で『リレー』を知っている子から「リレーがやりたい」の声があがり、〝リレーってどうやってするんだろうね?〟先生の問いかけです。教えません。説明もしません。草地広場でやりたい子が何度もやりながら〝こうしたら?〟〝こうすればいい〟と少しずつスムーズにできるようになり、みんなでルールを共有していきました。だから全員があんなに力一杯走れました。70メートル以上の距離を誰も(年中さんもです!)転ばずに走れるなんて、これはとてもすごいことなんです!でも年中さんのリレーは逆走したり、バトンの相手が交差したりハラハラドキドキでした。



○ 保育の中でたくさんの絵本を読んでいます。それぞれの先生お薦めのものや大型絵本などを持って行きました。現地では保護者も読み聞かせをされていたので、次回はぜひ保護者による読み聞かせコーナーのステージを作りましょう。


こどもを乗せて自転車で行くと30分かかりました。バスも本数が少なくて・・・。
それでも皆様が一緒になって楽しんでくださって、こども達と一緒というよりも率先してあそんでくださって、最高のご協力をいただきました。こころより感謝いたします。本当にありがとうございました。

2018年10月25日

10月お誕生日会

10月31日(水)10月生まれのお祝いをしました。
10月生まれは8人です。正面のひな壇に並んで座り、少してれくさそうな笑顔でとても良いお顔でした。
いつものように組・名前・何歳になったかを発表しました。
プレゼントの品をいただき、全員から歌のお祝いを受けました。
10月のお楽しみは、3回目の来演になったエバリーの演奏でした。毎回いろいろな楽器を演奏してくださり、今回はオーボエとアコースティックギターで、オーボエはあまりなじみがありませんが、深みのある美しい音色を単独で『あぁオーボエってこんな音色なんだ・・・。』とじっくり味わうことができました。
楽器を説明してくださるところでは、「今まで一度もひいたことがなくて、ギターをひいてみたい子」の中から選ばれて、年中組のK君がちゃんと用意されていた子ども用の小型のギターを教えていただきながら『きらきらぼし』を演奏しました。
「簡単だった?むずかしかった?」「かんたんでした。」
「これからもギターをひいてみたいと思いますか?」「そうおもいます。」
「未来のギタリストが誕生しました!」(みんな拍手!)
アニメの曲・ディズニーの曲・ジブリの曲などを楽しい語りと共に、歌ったり手拍子足拍子そして足踏み・ジャンプ。
大きな声のアンコールにも応えてくださって、芸術の秋に迎えたお誕生会、みんなでとっても楽しいひと時を過ごしました。

お誕生会のおやつは「田舎のおかき」「ハロウィーンドーナッツ」でした。


10月のお誕生日会

10月31日(水)10月生まれのお祝いをしました。
10月生まれは8人です。正面のひな壇に並んで座り、少してれくさそうな笑顔でとても良いお顔でした。
いつものように組・名前・何歳になったかを発表しました。
プレゼントの品をいただき、全員から歌のお祝いを受けました。
10月のお楽しみは、3回目の来演になったエバリーの演奏でした。毎回いろいろな楽器を演奏してくださり、今回はオーボエとアコースティックギターで、オーボエはあまりなじみがありませんが、深みのある美しい音色を単独で『あぁオーボエってこんな音色なんだ・・・。』とじっくり味わうことができました。
楽器を説明してくださるところでは、「今まで一度もひいたことがなくて、ギターをひいてみたい子」の中から選ばれて、年中組のK君がちゃんと用意されていた子ども用の小型のギターを教えていただきながら『きらきらぼし』を演奏しました。
「簡単だった?むずかしかった?」「かんたんでした。」
「これからもギターをひいてみたいと思いますか?」「そうおもいます。」
「未来のギタリストが誕生しました!」(みんな拍手!)
アニメの曲・ディズニーの曲・ジブリの曲などを楽しい語りと共に、歌ったり手拍子足拍子そして足踏み・ジャンプ。
大きな声のアンコールにも応えてくださって、芸術の秋に迎えたお誕生会、みんなでとっても楽しいひと時を過ごしました。

お誕生会のおやつは「田舎のおかき」「ハロウィーンドーナッツ」でした。


2018年11月01日