うめ組『みてみて!きいて!』について

音楽が聞こえてくると…

「チャチャチャ~♪」と口ずさんだり、手拍子が自然と出てきたり、「こんな楽器があったらいいな」と言って自分の作りたい物を形にすることが得意な子どもたち。

 

最近では「今日も音楽大会するぞ~!」と自分たちでラジカセの操作をしてみたり、   音楽に合わせてねこに変身した女の子が踊りに来たり                 「先生みてて!」とお部屋の中で小さなコンサートごっこを楽しんでいました。

元々みんなの前で話すことが好きなうめ組の子どもたちは、保育者が「12月に『みてみてきいて』っていう日があってね…!」と話すと「私はこんなことがいい!」とすぐに思い浮かんで「どうしようかな」と考え始め、悩んでいる子にも「僕はこれにするから!一緒に作らない?」と声をかけ数人のグループが出来上がりました。

同じ目的を持った友達と、共通の製作や話し合いをする中で生まれる役割分担や協力、  1人ひとりではなく友達と同じことをする楽しさや、自分だけの意見が通らないという困難にぶつかりながら、日々パワーアップする姿が見られています。

2018年12月12日