すみれ組『みてみて!きいて!』について 

 2学期になり、クラスでの集まりの際に楽しかったことをみんなの前で発表したり、主体的活動の中で積み木の台の上に立って、マイクでお名前や好きな物を発表するお誕生会ごっこや音楽に合わせて好きな歌や踊りをするカラオケごっこなど、‟見せる、表現する”活動を楽しんでいるすみれ組さん。

他にも布と洗濯バサミを使って変身あそびや先生のまねっこをする先生ごっこなど様々な活動が深まっています。

 ‟みんなと一緒が楽しい。見て、聞いてもらうことが嬉しい”そんな子どもたちの気持ちを大切に活動してきました。今回の 『みてみて!きいて!』に向けて、何か特別に取り組んだことはありません。日々の保育の中で楽しんでいることを保護者の皆様にお見せできたらなと思っております。

子どもたちにとって、大勢のお客さんの前で何かを行う経験は初めてのことです。

当日は、いつもの保育室とは違う場所や人、環境の中でドキドキしてしまうこともきっとあると思います。けれど、その環境の中でお客さんの前に出ることや活動すること自体が凄いことだと思っています。

もしかしたら、いつものように活動に入っていくことや表現することができない子、じっくりとお友だちを見ている子などもいるかもしれません。でも、見ること、その場にいることもまた参加の仕方なのだと思います。

初めての環境の中でなるべく、全員が自分なりの参加ができたらなと考えていますがその時の様子や子どもの姿で、当日の活動も変わっていくかもしれません。

保護者の皆様には、そんなありのままの子どもたちの姿や活動の様子を暖かく見守り、楽しんでいただけたらと思います。

当日、お客さんにもお手伝いいただくことがあります。ぜひ、ご協力お願いいたします!

 

2018年12月12日