年長組のおだんご作り

今年は9月24日が中秋の名月十五夜のお月見ですが、振替休日なので21日(金)に園のお月見をしました。
 年長組のこども達はバンダナなどで髪を覆い、清潔なスモックを着てマスクをしました。その様子を目にした小さいこども達は「おだんご」「おだんご」とお団子作りのことを知っていて期待感で一杯のようでした。
年長組のこども達は昨年度お兄さんお姉さんにしてもらったことを覚えていて今度はやってあげる番と張り切っていました。今回はクラス毎ではなく、活動のグループで2組に別れて順番にエフ・ハウスにいきました。
各自が家から持参したボールにはお手伝いのお母様方がお団子の粉を量って入れておいてくださいました。
手を洗ってから自分のボールを見つけ、先生から説明をお聞きして、いよいよお団子作り。
自分でスプーン○杯と水をはかり各自が粉からこねていきました。粉だったものがだんだんまとまって、もろもろぼろぼろの感触から滑らかな粘土のようになるその感覚を味わっているようでした。耳たぶくらいの柔らかさになったら、今度は同じ大きさのお団子を丸めていきます。
できたお団子はお母様方が大鍋で茹でて、みたらし味とごま塩味を付けてから保育室まで持ってきてくださいました。
年長さんは2種類のお団子を2個ずつカップに分けてみんなで年中さんと年少さんのお部屋まで届けにいきました。それぞれのクラスごとにうれしいお礼をいただいて誇らしい笑顔がいっぱいの年長さんでした。
 以前は和菓子店から購入していたお団子でしたが、粉から作るお団子のおいしさをこども達に知ってほしくて役員のお母様方にお願いして昨年から始めたお団子作り、作る行程の楽しさ(ひとくちでは言えない様々な要素を含んでいます)、達成感など、おいしさもさることながらそれ以上の成果が満載の活動となっています。
 園ではお月見用に園芸品種と野生種と2種類のすすきがありますが、今年は時期が合わなくて飾れないと心配していたところ、年長さんがすすきの花束を持ってきてくださったので、できたてのお団子と銀色に輝くすすきのお供え物ができあがりました。

 

 

 

 

 

 

2018年09月27日