竹を並べて…?!

5月14日に、きく・ゆり合同で、竹で迷路を作りました。

まずは、みんなが集まるまで「たけのこ め だした♪」の手あそびで全身を使ってじゃんけんをします。


まずは、みんなで竹を並べます。

 

あっという間に園庭に大きな迷路が出来ました。               

竹だけじゃなく、タイヤや丸太も使ってより複雑な迷路にしていました。

 

迷路が出来ると、竹を渡り始める子どもたち。

 

自然と向かい合った子どもたちが、じゃんけんをしはじめ

みんなで「ドン・ジャンケンポン」大会になりました。

 

 

 

 

 

終わった後の竹迷路は、「ねんちゅうさんに のこしてあげたい!」という子どもの声があったので残しておきます。

 

 

午後の活動で、年中さんも一緒に迷路をする様子も見られました。

2019年05月16日